応急処置

ただの捻挫だろうと決め込んで、包帯やテーピングテープなどで適当に固定し、様子を見るよりも、応急処置をしてからすぐ整形外科へ向かうことが、結局は早く完治させる近道に繋がります。
男性だけにある前立腺という臓器は活動や成長にアンドロゲン、すなわち雄性ホルモンがとても深く関連しており、前立腺に現れた癌も同じように、アンドロゲン(男性ホルモン、雄性ホルモン)に刺激されて大きくなってしまうのです。
日本における結核への対策は、長年、1951年に誕生した「結核予防法」に沿って実行されてきましたが、56年後の平成19年からは異なる感染症と等しく「感染症法」という名前の法律に基づいて実行されることになったのです。
脚気(かっけ)の症状は、主に手足がジンジンと痺れたり下肢の著しい浮腫などが典型で、症状が進行してしまうと、最悪の事態では呼吸困難に陥る心不全も起こす可能性があるのです。
環状紅斑(かんじょうこうはん)というものは輪状、つまりはまるい形状をした紅っぽい湿疹や鱗屑など、皮膚のトラブルの総合的な病名であり、理由は非常に多種多様ということで知られています。
チェルノブイリ原発の爆発事故に関する長期間に及ぶ後追い調査のデータでは、体の大きな成人に比べて体の小さな子どものほうが飛散した放射能の深刻なダメージを受容しやすくなっていることが理解できます。
くしゃみ、鼻水、鼻詰まりに目の掻痒感・ゴロゴロするような異物感などの花粉症の主な諸症状は、アレルギーを誘引する花粉の飛んでいる量に追従して悪化の一途を辿るデータがあるというのは周知の事実です。
虚血性心疾患の心筋梗塞というものは心臓の周囲を走る冠動脈の動脈硬化によって血管の内側の空間が狭くなってしまい、血流が途絶えて、必要な酸素や栄養を心筋まで配達できず、ほとんどの筋細胞が壊滅状態になる大変重い病気です。
なんとなく「ストレス」というのは、「無くすもの」「除去すべきもの」と判断しがちですが、実の所、人間は大小のストレスを受けているからこそ、生き延びていくことができているのです。
一旦永久歯の表面の骨を減らしてしまうほど拡がってしまった歯周病は、たとえ炎症自体が落ち着くことはあっても、なくなった骨が元の量に再建されるようなことは無いに等しいのです。
不整脈の期外収縮は、病気ではなくても症状が出ることがあるため急を要する心臓疾患ではないにせよ、短時間で発作が再三起きる場合は危険です。
「体脂肪率」というものは、人の体内の脂肪の占有する重さを指しており、「体脂肪率(body fat percentage、percent of body fat、%)=体脂肪量(somatic fat volume、kg)÷体重(キログラム)×100」という式によって求めることができます。
HIV(human immunodeficiency virus)を有している精液や血液の他、母乳や腟分泌液といった様々な体液が、乳飲み子などの傷口や粘膜部分等に触れた場合、感染のリスクが高くなります。
体脂肪量(somatic fat volume)には変化が見られないのに、体重が食事・飲酒や排尿等で短時間で増減するケースでは、体重が増加すると体脂肪率(body fat percentage、percent of body fat)は下がり、体重が減少した人は体脂肪率が上がります。
ヒトの耳の内部構造は、耳殻側から順番に「外耳(がいじ)」「中耳」「内耳」の3つに大別されますが、この中耳にばい菌やウィルスなどがうつることで発赤等の炎症が発生したり、液体が溜まる病気を中耳炎と称しているのです。